読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず今は猫とバレエ

飼い始めたばかりの猫ちゃんと、初心者すぎるクラシックバレエを中心に色々

「ラ・シルフィード」パリ・オペラ座バレエ

ご無沙汰です。
ぎっくり腰にやられ、すっかりバレエを休みがちに…
4月からはまた、通常のレッスン回数に戻そうかと思います。
ただでさえ週1~2というスローペースなのに(;´д`)
焦りはするけど
ここは冷静に対処したい。


しかししかし。
オペラ座の来日公演はハードスケジュールで観に行ってまいりましたよ!
ジェイムス役は、この公演でエトワール昇格となったユーゴ・マルシャンでした。
昇格の公演ではなかったけど、彼を観る機会に恵まれて本当にラッキー。

ユーゴ・マルシャンはとても素敵でした。
どんなすごいことも、軽やかに爽やかにこなしてしまう。
高度なテクニックを披露してるのに、舞台の上では常に「ジェイムス」であったところも
すごいと思います。
舞台の彼は、常にジェイムスであった…そんな風に見えました。
だいたい、どんなジュテのあとでも足音がしない。
え、しない??(@_@)

それに気づいた時は、ひえーーーってなりました。
もしかしてオーケストラの音に紛れて聞こえないのかしらと
必死で聞き耳を立てたんだけど
やっぱり聞こえない。
どころか、着地する足が床につく瞬間、重力が下ではなく上に向かうのが見えたのです。
見える…わけはないんだけど。
でも見えた!!!のです(笑)

いやーすごいすごい。

で、シルフィードのアマンディーヌ・アルビッソンも同じく
風の妖精そのもの。
ふわふわ、ふわふわ……
月の上ででも踊ってるの?
あの舞台の上はGがおかしいんじゃない?ってくらいです。

あの軽さが、ロマンティックバレエの真髄なのでしょうね。
バレエを知らずに初めてこれを観ていたら
もう、びっくり仰天ですよ。

かつて、この「ラ・シルフィード」に熱狂した観客たちについつい思いを馳せてしまいます。

このシルフィードを復活させたピエール・ラコットに心から感謝です。


シルフィードは可愛らしくて魅力的、無邪気と言ってもいいくらいだけど
その無邪気さがとても怖くもあります。
というか、私にははっきりと怖い。

ジェイムスには婚約者がいるから…とか
妖精の自分と恋に落ちてもジェイムスを苦しめるだけかも…とか
人間の女性ならばどこか頭をかすめるような感情がシルフィードにはありません。

結局はジェイムスを手玉にとるのに、悪女ではない。
それが怖いのですねー。

この、人間と妖精の相容れない感が
最後に待つ悲劇を予感させるのです。



2幕も素晴らしかった。
足音がしないのはユーゴ・マルシャン、アマンディーヌ・アルビッソンだけでなく
コールドにも感じたことでしたよ、
こんなすごい妖精の世界を見せてくれてありがとうございます!

ラストのショールをシルフィードに見せたり隠したりするジェイムスは
本当に可愛かった。
ユーゴ・マルシャンはジェイムスそのものでそこにいました。
だから、最後は泣いてしまったわ。
相容れないはずの存在を、手元に留めようとすると
悲劇が生まれてしまうのね。

婚約者がいるのに
シルフィードにふらふらひかれてしまうジェイムスは
見ようによってはダメ男なんだけど
ユーゴ・マルシャンのジェイムスは
とってもとっても可愛かった。

(ダメ男というのは古典に共通する男性のキャラクターではある)




台本 アドルフ・ユーリ
音楽 ジャン・マドレーヌ・シュナイツホーファー
振付 ピエール・ラコット
装置 マリ クレール・ミュッソン

演奏 東京フィルハーモニー交響楽団
指揮 フェイサル・カルイ

ラ・シルフィード アマンディーヌ・アルビッソン
ジェイムス ユーゴ・マルシャン
エフィ ヴァランティーヌ・コラサント
マッジ オレリアン・ウェット
ガーン ミカエル・ラフォン
エフィの母 アネモーヌ・アルノー

第一幕
パ・ド・ドゥ マリーヌ・ガニオ、アルチュ・ラヴォー

第二幕
三人のシルフィードたち オーレリア・ベレ、ローランス・ラフォン、セヴリーヌ・ウェステルマン

魔女の一撃により

魔女の一撃…つまり、ぎっくり腰になりまして(´-ω-`)
半月くらいバレエをお休みしようかな。

悲しい(T^T)


ぎっくり腰は3回目。
最初は上の娘が赤ちゃんの時。
そして3年前の5月。
今回が3回目。

バレエも始めたし、姿勢には気をつけてるしで
もうぎっくり腰にはならない自信が…かる~くあったのになぁ。

整体の先生が言うには
原因は姿勢ではなく
冷え、消化器の疲れ、ストレス。だそう。

寒くなると内臓が冷えて
温められないと
よく食べるようになるんだそうです。
食べ過ぎは消化器の疲れになり…
腰への負担に。

まあ、繋がってるんですね。

ストレスは仕事とか、人間関係とか言われました。
ううう、まぁ、ちょっとそれ、あるかなぁ(T^T)

うまいつきあい方を…自分の納めどころを模索中です。
社交辞令で整えて、割りきった大人の付き合いに成るのが目標。
なんせ、向こうは悪い方ではないのでね。


それはそうとぎっくり腰。
信頼する整体の先生のおかげで
今ではコルセット無しで生活出来るようになったよー。祝。

おとといの朝に発症(´-ω-`)
その日は1日動けず。
トイレに這って行き、トイレについたもののどうやって用を足せばいいか悩み(´-ω-`)
(トイレがそびえ立ったピラミッドのように見えます)
少し動けるようになったとこでソックスを履こうとして
更にひどくなり、そのまま立てない状態に戻る。

翌日、明日から仕事に行けるんだろうかと
ハラハラしながらじっと安静に。
コルセットつけたら、よろよろ歩きながらトイレには行ける。
時計とにらめっこ。
もう昼の一時…まだ痛くて歩けない…
4時か…そろそろ前よりましのような?
6時…コルセットつけて、意味なく部屋のなかをぐるぐる歩く。リハビリのつもり。
夜…なんとかお風呂に入れたし。
明日は仕事に行けるだろうと腹をくくる。

そして朝。つまり今朝。
布団から出るときは蛇娘のようだけど
楳図かずおの漫画を参照してください)
時間立ってコルセットつけたら歩ける。立てる。
よっしゃ!

仕事しながら腰がちょっとイヤ~な感じになってきてちょっとどきどき。
早く終わったのでなんとかなった!
やったー(^○^)

この、全然動けなくて
部屋で転がってるしか出来ない状態のときに
実は整体の先生に2回も診ていただいてます。
もちろん整体やったからって
あっ、治った!痛くない!なんて魔法のようなことは起こりません。
整体によっては、更にひどくなるってこともあると思うしね。

でも私はこの先生をとても信頼しているので
おまかせしたのですね。
どういうアプローチで整えてくれるかも何となくわかってたし。
(だから、ぎっくり腰おこしてすぐの整体を誰にでもおすすめはしないです)

今日の仕事帰りに最後のとどめとばかりにもう一度整体に行って、
うん、そしたら今日はすごく「良くなった」を感じられるぞヽ(´ー`)ノ
コルセットも外せた!

一昨日、寝返りもうてなかった人が
今日は歩けるし、走ろうと思えば走れる。
とにかく日常生活が普通におくれるようになってる。

人間の回復力、ありがたい。
短期間でここまで整ったのは先生のおかげですね…感謝。

先生には
「でも時間かけるように。まだ無理はしないでね」
と念をおされました。
ハイ!

で、マシューですが。

f:id:mathewballet:20170225182502j:plain

この子は初日、私が倒れて痛いと苦しがってるときにそばに寄ってきて
私のおでこをペロペロ。
そのあともじっと私のそばにいてくれた(T^T)

わかるんだね?
いやん、感激でした。
苦しかったけど(^o^;)

Do Da Dancin'!

槇村さとるさんのバレエ漫画を読みました。


相変わらずの槇村節っっ!!!
仕事もって自立している女性は
定まらない女性を悪気なく(あるかもしれない)追いつめるっ。
追いつめられる方は
「でも事実だからぐうの音も出ない」っっっ


わかるんだけど。
うん、それが正しいんだろうけど
何故かそれをカッコいいと思えない(´-ω-`)

その辺は、合う合わないなんだろうね?
瞬間沸騰みたいに
ポンポンビシビシかわされる
友人同士の「アハハ!!」ってな会話も
ちょっと苦手なのでした。
楽しいって思えないんだよな、何故なんだろう?

これは、昔から槇村さんの漫画を読むときに感じることで。
自分の反応になんでなんだろう???
っていつも思うの。
面白いのになぁ??
(これで漫画を面白くないって感じるならわかるんだけど、面白いんだよね)

おいしい関係」は、何故かそれがなく
面白い~~♪だけ思える漫画だったなぁ。
違いがわからない(笑)
ただの自分の感覚?


で、漫画は面白かったです。
さすがに絵は上手でカッコいいので
バレエだ!!!って感じ(≧▽≦)

ジャズダンスにいってしまいそうなところで
クラシックに戻ってくるあたり
なるほどーー(´-ω-`)

クラシックバレエ好きはみな思うことなのかしら、
決まりごとだらけのクラシックバレエ
果たして自由ではないのか、
自分を表現出来ないダンスなのか。


たくさんの古典バレエを観て、私は私なりの答えがあります。
だから鯛子がバレエに戻ってきてくれて嬉しかったな。

読んでいて
槇村さんがバレエが大好きなんだと
すごく伝わりました(*^^*)

だから読んでいると、バレエがすごく観たくなる!
漫画読みながら
あーーー、今ドンキ観たい!眠り観たい!ジゼル観たい!!!
ってギリギリなりましたっっ

そして
いちバレエファンとして
これからもバレエにお金を落としていこうとも思いました(笑)
三上くんや鯛子ちゃんみたいなバレエダンサーが
日本で踊っていけるように!

ちっちゃいお金だけど!(笑)


キャストを見て、わくわくする公演っていいよねぇ
血が騒ぐわ。
鯛子と倉田真理のダブルキャストのドンキなんて、いいよねぇ…
鯛子のジプシー観たあとに、思わずチケット買ってしまったお客さんの気持ちわかる。
あのお客さんが、自分に見えた。
私もきっと買ってた(≧▽≦)

バレエレッスン

今日は、なんかダメだよ…って気持ちがむくむくわいてきて
レッスン中に、ちょっと落ち込みモードになってしまった。
ふにゃん…(´-ω-`)


でも、センターレッスンくらいから
ちょっと持ち直した。
出来ないなりに、アダージオ楽しかったんだ。
曲が、私の好きなシェヘラザードだったからかな(笑)
気持ちよぉく、ひたれた。

そして、今までずーーっと手こずってきたアンシェヌマン
ちゃんと出来たよ!
先生にも、出来た!!って言ってもらえたよ~

この前は
トンベパドブレグリッサードパドシャ、という
よくあるパの組み合わせでさえ
「トンベしか出来てないっ」(←じつはこれ、そうとうひどいです。びっくりされるくらいひどいです)
って先生に叫ばれたのです(笑)

優しい先生は
「音楽鳴って、さあっ!!ってなると出来ないってわかりますよ、うんうん」
って言ってくれたけど。

けど、ここまで情けないと
家で真剣におさらいしちゃうよね。

なんでもたついちゃったの??って何度かやって、
あ、ここがちゃんとやってないんだ、何となくやってたんだ、ってわかって
で、おさらい続けてね。

だから、トンベパドブレグリッサードパドシャはね
今日は落ち着いて出来ましたよ。
よかったよかった(*^^*)

で、手こずってたのは
シャッセとかアッサンブレも組み込まれてるアンシェヌマンでね…
それも今日、やっと出来たし(あくまで私レベルでの、ですよ!)
先生にも出来てたって言ってもらえたし。


よよよよよよかったぁぁぁ!!

はぁ~~あ、
出来ないことはたくさんあれど、
ピルエット自主トレも続けたい(´-ω-`)



パドシャって猫のステップってことですよ。
f:id:mathewballet:20170217233934j:plain

f:id:mathewballet:20170217234118j:plain
僕には関係ないです、って感じ。

ちょっと旅行に

f:id:mathewballet:20170212232647j:plain
桜島です。
雄大!迫力ある!

f:id:mathewballet:20170212232754j:plain
九州最大の湖、池田湖。
湖が見えませんが(^o^;)

指宿では菜の花は12月から咲き始め、2月はもう終わる頃なんですって。


地熱があるから、農業も路地栽培がほとんどで
ハウス栽培はお花とかマンゴーとか。ちょっと特別なやつ。

地元のタクシー運転手さんが
色々教えてくれました。


f:id:mathewballet:20170212233632j:plain
向こうは東シナ海

バレエの予定を考える

ゴールデンウィーク
松山バレエ団の「ロミオとジュリエット」を観に行くことにしました。

どうしてもやっぱり、生で森下洋子さんのバレエが観てみたい!

なんだかなぁどうよしうかなぁとグズグズ考えているうちに
数年はたったね(´-ω-`)

観るチャンスはどんどん少なくなっていく。
これはもう、正直そうだろうと思うので。
どこかで決心しなければ。


だから、頭をかすめていた他の予定を削ることにしましたのよ。

Kバレエの「ジゼル」も観たいけど、あきらめる!
ロイヤルとパリオペの競演もあきらめる!
次に東京にバレエを観に行くとしたら
東京バレエ団秋元康臣さん狙いでいきたい( ☆∀☆)

一点集中!
(っていうか、東京にバレエを観に行くのは年に一回って決めてたんじゃなかったの?笑)


子どものためのバレエ、「ドン・キホーテ」で秋元さんを観たときの
ドキドキわくわくビックリ!!!(@_@)
が、忘れられない私です。
チャンスがあるなら観たいの。
今度の東バの「バヤデール」、秋本さんがソロルにキャスティングされてたら
絶対に観に行ったと思う( ̄▽ ̄)

キャスティングされなくて
よかったのか悪かったのか(笑)


で、そのあきらめた
ロイヤルとパリオペの競演も…
オニール八菜さん、高田茜さん、レオノール、ボッレ、後ろ髪ひかれるわ…と
ざわざわしてたのですが。
なんか…地方公演あるみたい?よ???

ドキドキざわざわです!

バレエが与えてくれる感動と喜びには…
んもう、参るわぁ~(笑)

バレエレッスン

やっぱりレッスンに行きたくて
日曜朝のレッスンにとびこんでしまった(*´ω`*)

たーーーーのしかったぁぁぁぁ!!

ピルエットは(も)
相変わらず進歩なかったけど
ちょっとやる気出た。

ローザンヌで若者たちもがんばってるし!(笑)


ピルエットは、
軸足突き刺す。
ふり返るだけ。
突き刺す!ふり返るだけ!
突き刺す!ふり返るだけ!!!
回るというより、立つ!
軸足突き刺して立つ!そしてふり返るだけ!

自主練だ~~(°Д°)