読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず今は猫とバレエ

飼い始めたばかりの猫ちゃんと、初心者すぎるクラシックバレエを中心に色々

たたずんでるだけなのに

バレエを観る


Carla Fracci e Vladimir Vassiliev - Giselle - Teatro 10- 1972.avi

冒頭、後悔にさいなまれるアルブレヒトの心情がひしひしと伝わってきて。

 

そこにいるだけなのに。

 

踊っているフラッチよりも

ふせっているだけのワシーリエフに目を奪われる。

うーーん、すごいわ。

 

ヨーロッパのフラッチと

ロシアのワシーリエフとの「ジゼル」。

なんてすごい組み合わせなんだ~~~~

観れて幸せだ…

 

フラッチの「ジゼル」は

ヌレエフとのDVDを持っています。

これがまたすごくて!!

二人は全盛期を過ぎていたそうだけど

本当に素晴らしくて

マイベストな「ジゼル」なんです。

 

ガラスのように繊細でありながら、慈愛に満ちたフラッチのジゼルは

当然のごとく素晴らしいし

ヌレエフの深い解釈がみてとれるアルブレヒトもものすごく好き。

(強調。笑。ものすごく!です)

ジゼルが息絶えたときとか…

そしてジゼルの墓に向かうあの足どりが……

ものすごく!(笑)

好きです!!

 

おっと、今はワシーリエフだった…

 

ワシーリエフはもっと観たいと思うダンサーなのに

若い頃の映像があまりないのが残念で残念で。

 

ロシアに行ったらたくさんあるのかしらーと思うと

DVD買うためにロシアに行きたくなっちゃうね。

(なんという散財)