読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず今は猫とバレエ

飼い始めたばかりの猫ちゃんと、初心者すぎるクラシックバレエを中心に色々

「逢沢りく」

逢沢りくは複雑だ。

笑うことも泣くことも(涙を流すのは得意)
しゃべることも食べることも
上手く出来ない。

つまり、上手く生きられない。

しかし、そもそも生きるなんてことに
上手い下手なんてあるわけがない。


むしろ、りくは、
上手く出来る子だったから
生きられたのか……


母親の、求めることに気づいて。
気づいて、上手く出来る子だったから。



上手い下手を乗り越えて
ただの「生きる」になったりくを見たかった。
けど、物語は終わってしまった。

正直、とても不服です。
不器用ながらも
チョコレートのクマを渡して、
関西の制服を着て、
鳥に名前をつけて、
陸上部にでも入って速く駆けるりくが見たかった。



そこを描かないのが
ほしよりこさんなんだろう。

わかるけど、
読みたかった。