読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず今は猫とバレエ

飼い始めたばかりの猫ちゃんと、初心者すぎるクラシックバレエを中心に色々

観に行きたい映画

https://youtu.be/POxxDZQ6uTc
絶対に絶対に観に行かなければ!
この短い映像にもわくわくが止まりません。

そして、こんな短いなかにもヌレエフのことを…( ノД`)…

オペラ座関係のって結構そうよね。
オーレリーのドキュメンタリーDVDでは
楽屋にヌレエフの写真を発見。
ルテステュの映画では
楽屋に写真だけでなく
ルテステュ自身が「ヌレエフと踊りたかった」なんてことを言ったり!

ポルーニンの映画も楽しみだし。
こっちではいつあるのかなぁ、8月くらい?

楽しみにしとこっと。

予防接種

f:id:mathewballet:20170515135145j:plain

本来なら、去年の12月にすべきだった予防接種にやっと行って来ました。
めったに行かないのに、猫の病院の先生はちゃんとマシューを覚えていた。
スゴイ(*ノ▽ノ)

f:id:mathewballet:20170515135306j:plain
もらった猫ハウスでくつろぐマシュー。

暴れず、とーーーってもいい子で注射を終えた。
この前は先生に猫パンチしたんだよな(^o^;)

「ロミオとジュリエット」松山バレエ団

私がバレエにハマるきっかけの一つは
間違いなく、森下洋子さん。

動画で観て、なんてすごいと感動し。
本を読んでさらに感動し。

一度は、生の舞台を拝見したかった。
今日はその目的を果たしました。


感想は…。
正直に書いていいのか悩みますが…。
まずは。
プログラムに大変引き気味になってしまったのは間違いなくですね…(´-ω-`)


饒舌にストーリーを解説して下さっているのですが
それがまぁ、何というか。
詰め込まれた美辞麗句が、どうにも受け付けられなくてですね…(´-ω-`)

ロミオもそうだし、ジュリエットも。
ジュリエットがどんなに心映え美しい少女なのかを
すごく丁寧に説明されていてですね。
「天使」とまで書いていてですね。

その文章がまた、すごく古めかしくてですね。

つまりね。
性に合わなかった、ってことです(´-ω-`)


幕があがりましたら、
こう…足音がドタドタと。
ヴェローナの町で両家の方々がいざこざしたりね。わかるんですが。
わざと足音を踏み鳴らしてもいるんでしょうが。

あまりにごちゃごちゃしていて。

つまり。
性に合わなかったんですよ。


バレエだよね、これ…って。
振り付けも単純。
わちゃわちゃ、がちゃがちゃ。
チャ、チャ、チャ、って
演奏のリズムに合わせて単調な動きをくり返す振り付けが
何度もある。
なんだこりゃ(´-ω-`)

たまになら、手を打ったり、足を踏み鳴らしたりの演出もいいけど。
ずぅっとずぅっと。
ドシンドシン、パンパン。

陳腐…という言葉が思い浮かばずにはいられませんでした。

本当にごめんなさい、こんな感想で。


しかし。
そんなに覚めて観ていたのに。
ラストの、死んでしまったロミオとジュリエットの姿を見て

わたしは…
泣けてしまったんです。


自分でもびっくりしました。

それは何故か。

それは、
あまりにジュリエットの姿が美しかったからです。

死体となって、ロミオに重なるジュリエットからは
清さがにおいたつようでした。


一幕あたりまでは、
それほどは思っていませんでした。

けれど、ロミオがティボルトを殺した後。
パリスとの結婚を強要され、それを拒否するあたりから
ジュリエットが素晴らしかった。


さっきまでほんの少女だったジュリエットなのに。
愛と強さがにじみでて。
苦しむ姿も、決意する姿も、
とてもとても美しかったです。


はっと目を見張る思いでした。
(なんせ、そこに至るまでモヤモヤかかえながら観てましたしね)


私が憧れた(観ることは叶わなかったので)
ヌレエフとこ「ジゼル」での第2幕での森下さんは
もしかしたら…こんな感じだったのかもしれない。


観に行ってよかった。
不満の多い観劇でしたが
この目で何かを確かめられたようで
その点ではとても満足しています。

バレエレッスン

鏡で自分を見て
反省することしきり(°Д°)

以前からバランセに苦手意識がありました。
なぁんとなく、私がやるとバランセっていうより
盆踊り(°Д°)

何故、盆踊りになるのか…ってよく考えてたんですが
理由のひとかつがはっきりした。

膝が真っ直ぐになってないから(°Д°)


前々から注意はしてたつもりだけど。
体かたいから、膝もはいらなくて悩みではあったけど。

んも~~~~~~~~

膝!!膝大事!!!!!

と、激しく思った次第です。
ストレッチやりつつ、足まっすぐの意識を忘れちゃダメね。
そりゃ、今までも真っ直ぐじゃない足は悩みでは
膝がなぁ~( ノД`)…って思ってたけど
心より。激しく。

膝!!!!!!


と思ったのでした…。

あと、やっぱり鎌足気味が気になる。
パッセとかアラスゴンドの時は気を付けていたけど
ドゥバンでタンデュの時も鎌足っぽくなってた(^o^;)

ううううう。
足が高く上がったり、ターンアウトだったり
ピルエットだったり
出来ないことたくさんあるけどもさ。
基礎中の基礎の基礎、みたいなことは
ちょっとでもキレイになりたいですぅ…(´-ω-`)

道は遠いですぅ…(´-ω-`)

バレエレッスン

久しぶりのクラス。
正直きつかった(^o^;)

少しの期間に
足の力が衰えてると実感。
ルティレでルルベ、前もぐらぐらしてたけども
前にもましてダメ。
足の筋力、おちてる~~~

またがんばらなきゃなぁ。

フォンデュとかアッサンブレとか
前はもっと丁寧にやってた気がするけど
それもなんか頭から抜け落ちてる…(´-ω-`)

「この時はこういう注意をしよう」とか
自分なりに意識してたことを
忘れてるんだろうなぁ。

なんというザル頭(^o^;)

またがんばるのよ。



レッスン前に顔見知りの方と話して。

体がかたくて…って話すと

「体がかたくたって、バレエは出来るわよ」

えっっ(°Д°)

「それよりも筋力よ!」

えっっっ…(°Д°)



目からウロコな気分。
もちろん、バレエを人生にする方たちには
柔軟性は大事だけども。
私のような、大人で趣味で始めて、バレエ上手くなりたいって人は
そうなのかもしれない。

もっとここがキレイに出来たらいいのにとか、
かたいままだと出来ないことはたくさんあるけど
それより筋力つけて出来ることを増やした方が
レベルアップしやすいかも…!


うんうん。
お風呂上がりのストレッチは
最近は必要最低限しかやってなかったけども(笑)
まあそれは続けて
筋力アップトレーニングを心持ち増やそうかな。

今までも腹筋と背筋はやってたんですよーー
えらいでしょーーー
(自分で誉める)

別の腹筋と
脇腹鍛えるのを増やしてみよう。



f:id:mathewballet:20170422080619j:plain
娘にほりほりされて幸せそうなマシュー。
f:id:mathewballet:20170422080714j:plain
幸せそう。

バレエレッスン

今日は基礎を丁寧にやるクラス。
だからけっこう、落ち着いてやれる(^^)

ピルエットの時ですね。
先生が、やっぱりスポット大事だと。
ワルツでのピルエットは特に、素早く顔をくるっと!って。
恐いと思うけどね、でも大事だよ…

みたいなことをおっしゃいまして。

私は今日はピルエットの時は

「ヘソから床をグッッと押してピシッと立つ!」
「振り返る!」

と、この2つだけを意識しようと決めていたので(笑)
あー、先生の言ってることはつまり、振り返るだな、と思いまして。

やりましたのよ。

立つ!
振り返る!!


そしたら先生に
「そう!よくやった!」って言ってもらえましたヽ(・∀・)ノ

まあ、ピルエットがキレイに出来たわけではないんだけど
心意気は見えたみたいで
嬉しかった(^^)


バレエは難しいけど
楽しい。

バレエの時間にどっぷり浸るのは
ほんと楽しいです。

ダンス・ダンス・ダンスール5巻

新刊買って読みました。

とんでもなく面白かったんですけど…!!!
どうしていいかわからないくらい面白かったんですけど…!!!


読みながら、頭が沸騰してしまいました。
ドキドキしてしまいました。

このドキドキはあれだ。

ヌレエフとフラッチのジゼルを観て、DVDなのに泣き崩れたとき…
ガラでコジョカルのローズ・アダージオを観て、バックに宮殿や王、王妃、貴族の方たちが見えたとき…
秋元さんのバジルを観て、何これ!!って目を見張ったとき…
感動の記憶のバレエ公演の様々がフラッシュバックして。

潤平のいう、光の爆ぜる、そんな感じに。
巻き込まれるような。


バレエ観るのが好きな方には
潤平の「爆ぜる」がよくわかると思うんだけど
この漫画にはそれがつまっててたまらないです。
漫画なんだけど、感動のバレエ作品を見終わった気分になる。


わたし、寿くんみたいになりたいなぁ。
潤平の凄さを理解できて、涙できるような
バレエ鑑賞者になりたい。
潤平が「基礎も一番丁寧にやってる」って言った寿くんみたいに
バレエを愛したいなー。
基礎を丁寧…は、寿くんのバレエへの愛だよねぇ。


女の子主人公のバレエ漫画、
「絢爛たるグランドセーヌ」も大好きなんだけど
ダンス・ダンス・ダンスール」もグランドセーヌみたいに
男性バレエダンサーのコメントを帯につけて欲しいな。
もしくは、バレエを習ってる潤平と同年代の男の子のコメントつけて欲しい(笑)


はーーーぁ、バレエが観たくなる漫画はその困りますよ、ほんと(笑)
興奮は疲れるので…!