読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず今は猫とバレエ

飼い始めたばかりの猫ちゃんと、初心者すぎるクラシックバレエを中心に色々

「ジゼル」ボリショイバレエ イン シネマ

今月から始まった、月に1回、一夜限りの上映のボリショイバレエ。

「ジゼル」からスタートです。


ザハロワのジゼルは初めて観た。

一幕途中までは
さくさく話が進んでいくなーって感じで
内面の深みはあまり感じなかった。
アルブレヒトも可もなく不可もなくといった印象。
どうなんだろな。
私は「ジゼル」では
男性ダンサーがアルブレヒトをどう掘り下げてくるのかを
楽しみにしているので
物足りなかった。
通り一辺倒な感じ。

ヒラリオンではなく、ハンスは若々しい。
2幕のウィリに追いたてられるシーンでも
じたばた感がすごくて
あれは若さゆえなのか。

バチルダは優しげ。
しかし、やっぱり存在薄い…

一幕の群舞は活気ある感じがあって
そのへんはグリゴローヴィチだから?
楽しい感じ(^w^)

ザハロワは、1幕の最初辺りは
特にどうも…って印象だったけど
途中からだんだん、いい感じに。
狂気のシーンでも、じわーときました。

そして2幕がとっても素晴らしかった。
ザハロワ、空気のようでした。精霊でした。
ミルタもとってもよかった。
冷たくきりっと。
踊りも申し分ないです。
でも、アルブレヒトがやっぱり…普通な。
なんかもうちょっと、深みが欲しいものです。


来月は「くるみ割り人形」。
来年あるワガノワのを観に行く予定なので
これはパスしてもいいかな…

再来月の「椿姫」は是非みたいです。
ノイマイヤーの「椿姫」はまだ観たことないの…
映画館で観られるなんて嬉しい。




ジゼル スヴェトラーナ・ザハーロワ
アルブレヒト セルゲイ・ポルーニン
ミルタ エカテリーナ・シプーリナ
ハンス デニス・サヴィン
パ・ドゥ・ドゥ ダリア・ホフロワ/イーゴリ・ツヴィルコ
音楽:アドルフ・アダン
振付:ユーリー・グリゴローヴィチ